【白内障や緑内障の早期発見】虹の和が見える病状に気付こう

先生

硝子体を綺麗に保つ

目元を触る人

五感の中でも、目は非常に重要な部分になっています。あらゆる情報を目から取り入れることで、我々はスムーズに動くことができ、物事を判断しています。当たり前のように目を使うのですが、時に酷使して機能の低下を招いてしまうこともあります。飛蚊症は目を酷使した結果発症してしまう病気の1つでしょう。主な原因は、硝子体の濁りだと考えられています。硝子体は水晶体の後ろにあるゼリー質のもので、健康な状態だと透明度が高いまま保たれています。この硝子体が濁ると視界がぼやけてピントが合わなくなり、色彩の鮮やかさを感じづらくなっていくのです。硝子体の濁りは、網膜が剥がれることでおこります。この現象は通常であれば、60代頃から起こり始めるので飛蚊症を発症する患者の多くは高齢者でした。しかし、強い光を発するスマホを日常的に使う現代では、年齢に関係なく飛蚊症になってしますのです。

体質によっては、若い内から飛蚊症になってしまう方もいます。また、網膜剥離や網膜裂孔といった病気が引き金になり発症することもあります。細菌の感染で飛蚊症になる人もいるので、日頃から視界の変化には敏感になる必要があります。ビタミンを中心に充分な栄養の摂取で飛蚊症が改善することもありますが、レーザーを使った手術で改善することが可能です。症状の進行で切除することもありますが、多くの場合は硝子体の濁りにレーザーをあてることで視界が回復します。この症状自体は無害な為、あまり深刻に悩みすぎず医師に相談して前向きな治療を行ないましょう。