【白内障や緑内障の早期発見】虹の和が見える病状に気付こう

先生

若年層の視力低下

病院

現代を生きる為に、情報収集や他者との関わりは必要なことです。昔は手紙や電報、電話も公衆電話や自宅の固定電話と伝達を行なうツールが限られていました。しかし、今ではスマホやタブレット、パソコンなどあらゆるアイテムを使いこなすことも珍しくありません。あらゆる情報を電子化する傾向があるので、人々は電子端末を日常的に使うことになっています。使い慣れると非常に便利な為、つい時間を忘れて熱中することもあります。近年、10代や20代の若者の視力低下が目立つようになっています。ネット日常的に使うことが原因と考えられていますが、不規則な生活やストレスの影響も深い関係があるとされています。本来であれば60代頃に発症することが多い飛蚊症が、10代や20代の若者の間で発症しています。飛蚊症は文字通り、蚊のように小さな虫が目の前を飛んでいるような錯覚を起こす病気です。初期症状としては、視界に黒い点が目立つようになり、視野の一部が欠けるなど比較的分かりやすい現象が起こります。急に視力が低下し、暗い室内で光を感じるなどの現象が起きた場合は、早急に眼科を受診して検査を行ないましょう。飛蚊症を引き起こしてしまう原因の中にはストレスがありますが、このストレスの元になるのが活性酸素です。体内で生成されるこの活性酸素をいかに少なくするかで、飛蚊症を予防することができます。スマホやパソコンの使用時間を減らすことから始めて、目に掛かる負担を減らしてみましょう。