【白内障や緑内障の早期発見】軽視してはならない病状に気付こう

医者

若年層の視力低下

病院

我々の生活に欠かせないスマホやパソコンは、便利なアイテムですが目に負担を掛けることもあります。タイムリーな情報を検索し、熱中していく内に目を酷使した結果飛蚊症を発症することもあります。

この記事を読む

定期的な検診

フェイス

60代以上の高齢者に多い白内障や緑内障が、今若者の間で発症しています。スマホやパソコンの使用で目を酷使していることが原因とも考えられますが、日頃の生活を見直し定期的な検診で予防することができます。

この記事を読む

硝子体を綺麗に保つ

目元を触る人

視界内に小さな虫やごみのような物を感じはじめたら、飛蚊症を発症している可能性があります。この病気の原因は様々ですが、加齢や体質的なことが影響しています。また、日常的に目を酷使すると10代でも発症してしまいます。

この記事を読む

水晶体が濁るメカニズム

眼

加齢の影響で視力が落ちることは良くありますが、現代人は日常的にパソコンやスマホといった液晶画面を見ている為、目を酷使しています。昔に比べると白内障や緑内障を発症する人の年齢が若くなってきています。白内障や緑内障は60代をこえる頃から徐々に患者が増えますが、現代では30代や40代の働き世代で発症してしまうケースもあります。目のかすみやピントのぼやけが気になる方は、疲れのせいと軽視するのではなく眼科を受診して、しっかりとした検査を行なってみましょう。

眼科の受診を行なう前に、セルフチェックを試してみましょう。白内障のチェックは、物がかすんで見える、色の鮮やかさが以前に比べるとうすれた、などの症状があらわれます。この他にもいくつかの項目がありますが、何度も同じような症状が繰り返しあらわれたら眼科で検査を行ないましょう。緑内障の場合は、目が疲れやすく、充血や痛みを感じる方が多いのが特徴です。また、光を見た時に虹の和が見えることもあります。この症状は眼圧が高くなっているのが原因で起こる現象です。緑内障は白内障よりも発見が遅れることがある病気です。ここで紹介したセルフチェックに当てはまらないからと言って安心するのではなく、定期的な検査を心がけることが大事なのです。デスクワークに携わる方は、画面との距離を調整して目に掛かる負担を軽減したり、ブルーライト対応のメガネに切り替えたり自分で行なえる対策を徹底します。軽視してはならない病状に気付きましょう。